上げ馬に野次馬

~茶と株~ 茶道男子始めました。お茶の魅力を研究中の30代自称兼業投資家です。茶道、華道、資格取得など気ままに書いていきます。

和菓子の研究 #その①【花菖蒲、黄菖蒲】

和菓子づくりにハマりつつあるので、お店で売ってる和菓子を買ってみて、どんな作りになってるかを定期的に観察、研究していこうと思い立ちました!!

 

そこで、近くの和菓子屋さんを検索したら、なんと徒歩5分くらいのところにお店があったので、早速行ってきました!

 

今回買ったのは以下の2つです。

 

f:id:kousui5724:20200521231234j:plain

 

菓銘ですが、左が『黄菖蒲』、右が『花菖蒲』と書いてありました。

それぞれ356円でした。

とても鮮やかで綺麗な色ですね!

 

それではおいしくいただきながら観察した結果を書いていきます。

 

 

1.菖蒲とは?

まず、菖蒲についてですが、知ってるようで全く知りませんでした。

確かにこの時期だった気がするなぁ、お風呂に入れてどうのこうのって聞いたことがあるなぁ、とぼんやりした知識しか持ち合わせておらず。。。

とりあえずWikipediaで調べてみました。

 

似たようなものが以下の4種類あるみたい。

 

①菖蒲

ショウブ目ショウブ科に属する多年草。

これが端午の節句にショウブ湯として使われる植物。

昔から薬草として使われてきたらしい。

ja.wikipedia.org

 

昔、華道「草月流」の体験で、この菖蒲の葉を使った記憶があります。

以下の「アヤメ」や「花菖蒲」とは全く異なる植物とのこと。 

 

②アヤメ

アヤメ科アヤメ属の多年草。

ja.wikipedia.org

 

これが良くイメージする「菖蒲」ではないでしょうか。

鮮やかな青色と形が特徴的ですよね。

 

③花菖蒲

これもアヤメ科アヤメ属の多年草。

ja.wikipedia.org

 

葉が①菖蒲に似ているらしく、このため花菖蒲と言われるようになったとのこと。ほんとかな?(実物比較してないので真偽のほどは・・・)

アヤメ類のため、花菖蒲もアヤメと呼ばれることがあるらしい。

 

④杜若(カキツバタ)

こちらもアヤメ科アヤメ属の多年草。

ja.wikipedia.org

 

こちらも鮮やかな青(紫?)が特徴的ですね。

尾形光琳の屏風の絵はこれですね。

 

杜若でカキツバタって読めませんよね。。。

僕は2年前くらいまで読めませんでした。

「杜」って、芥川龍之介作の「杜子春」以外で見たことないような。。

 

杜若は華道「池坊」の生花(しょうか)で何度か使いました。

葉の先端の尖ってる向きを向い合せて使う必要があり、かつ表と裏を使い分ける必要があり、、、もう忘れてしまっています。。

そういえば、もう3か月くらいコロナのおかげでお稽古に行けてないなぁ。

本来ならこの時期は杜若の生花だったろうに。

 

・アヤメ、花菖蒲、カキツバタの違い

アヤメ、花菖蒲、カキツバタは見分けづらいです。

なお、「いずれアヤメかカキツバタ」という慣用句がある。どれも素晴らしく優劣はつけがたいという意味であるが、見分けがつきがたいという意味にも用いられる。

(出典:Wikipedia)

とのことで、確かに写真を見ても見分けづらいです。

 

花の特徴からの見分け方が、以下のWikipediaのアヤメのページに記載されています。

アヤメ - Wikipedia

 

○アヤメ

 ⇒網目模様あり

○カキツバタ

 ⇒網目模様なし

○花菖蒲

 ⇒網目模様なし&黄色い斑紋あり

とのこと。

 

5月~6月に花を咲かせるので、この時期の象徴として位置づけられていますね。

 

2.和菓子『花菖蒲』

それでは、和菓子『花菖蒲』をじっくり観察します。

 

①見た目

f:id:kousui5724:20200522011741j:plain

f:id:kousui5724:20200522011755j:plain

 

黄色い部分が、花菖蒲の斑紋を表現しており、花菖蒲らしさが出ています。
光沢があり、とても色艶がありますね。艶があることでとてもきれいに見えます。

以前、僕が作った際はこんな艶はできませんでした。

べとつきを失くすためにレンジで温めたのですが、これがやり過ぎたために、水分が必要以上に抜けてしまったためでしょう。

水分量は見た目にも影響するんですね!

次はレンジで温める温度、時間に注意したいと思います。

 

色もとても鮮やかです。

こんなきれいな紫色はどうやって作るのでしょうか?

赤と青を1:1で混ぜ合わせると紫色になるらしいのですが。。

紫の食用色素が売ってるようなので、買って試してみようかな。

 

私の台所 粉末食用色素 紫 2g

私の台所 粉末食用色素 紫 2g

  • メディア: 食品&飲料
 

 

紫色と白色の境目も絶妙なぼかし具合です!

形は、丸く形取った上で適度に線を入れた、そこまで複雑ではない作り方のように見えます。

f:id:kousui5724:20200522013430j:plain

 

中身はこんな感じでした。

紫色のねりきりが白色のねりきりの下になるよう、ぼかし部分を作っているようですね。

切ったこしあんの側面もパサついてませんね。 

 

②触った感じ

触ってもしっとりしていました。

僕が前回作った際は、こんな感じのしっとり感はなく、がさついていたので大きな違いです。

また、菓子楊枝で切った感じも、固くはなく、菓子楊枝に対して柔らか過ぎない、ちょうど良い程度の抵抗感がありました。

 

③味

食べてもしっとり感があります。

柔らか過ぎず固過ぎず、また、もちもちした感じもあります。

餡の水分量は、視覚、触覚、味覚にとって、とても重要な要素ですね。

 

味は、甘過ぎるわけではなく、ちょうど抹茶が飲みたくなるような甘さです。

材料の餡の素材がとても良いのでしょうか。

素材へのこだわりが伺えました。

 

3.和菓子『黄菖蒲』

次に、和菓子『黄菖蒲』をじっくり観察します。

 

①見た目

f:id:kousui5724:20200522015143j:plain

f:id:kousui5724:20200522015155j:plain

f:id:kousui5724:20200522015207j:plain

色艶、ぼかし具合ともに『花菖蒲』と同様、見事の一言です。

黄色も程よい薄さで、上品な色に仕上がっています。

黄色の色素も買うしかないかなぁ。

 

ホームメイド 食用色素黄 5.5g

ホームメイド 食用色素黄 5.5g

  • メディア: 食品&飲料
 

 

問題は形です。

茶巾絞りで絞った上で、線を適度に付け足していったのでしょうか。

作り方の解説が欲しいです。。。

 

f:id:kousui5724:20200522015647j:plain

切るとこのような感じでした。

やはり中身のこしあんもパサつき感はありませんね。

 

②触った感じ

『花菖蒲』同様、触ってもしっとりしていました。

菓子楊枝で切った感じも、『花菖蒲』と同様にちょうど良い程度の抵抗感がありました。

 

③味

こちらも『花菖蒲』と同様、しっとりしていておいしかったです。

 

4.まとめ

実際に和菓子を買ってみて、よく観察するのはとても良い勉強になりました。

観察しても作り方の想像ができない部分がありますが、これからも定期的に研究を続けていきたいと思います。

 

 

 

おわり