上げ馬に野次馬

茶道男子始めました。茶人になるまでの軌跡を綴っていこうと思います。

【スポンサーリンク】

2月6日は抹茶の日らしい

ご存じでしたか??

なんと、2月6日は「抹茶の日」らしいです!

 

知らなかった。。。

 

 

平成4年(1992年)に、お茶の名産地のひとつ、愛知県西尾市の西尾市茶業振興協議会が制定したらしいのです。

由来は、茶道で使われる茶道具の風炉(ふろ)から。

風炉とは、釜を掛けてお湯を沸かす道具で、5月から10月まで使われるものです。

「ふろ」を数字の読み方に合わせ、ふ=2、ろ=6と置き換え、2月6日を抹茶の日にしたんだとさ。

 

西尾市のHPを参考までに。 

www.city.nishio.aichi.jp

 

 

 

そういうことなら、今日はどこかへ抹茶を飲みに行かねば!!!

(家でも飲めるけどな)

 

 

というわけで、向かったのは葛飾柴又

 

でも、実際はお抹茶目当てで柴又へ向かった訳ではありません。。。

映画『男はつらいよ』の舞台を見たくなり、柴又へ行ったのです!!ww 

行くまでの道中、ネットニュースを見てたら、今日が「抹茶の日」というのを知り、行った柴又で抹茶が飲める処を探した訳です。

 

柴又のお話はまた別の日に書くとして。。。

 

 

調べると、柴又には『山本亭』なる日本庭園があるらしい。

日本庭園なら抹茶出してくれそうだなぁ、と思い、こちらに向かってみました!!

 

 

山本亭ってこんなとこ。

www.katsushika-kanko.com

 

大正時代の末期に建てられたらしい。

なんと、入館料は100円だけ!!!!

 

 

では早速、伺います。

柴又駅を降りて帝釈天参道を抜けて、ちょっとだけ歩きます。

柴又駅からは徒歩7分くらいの距離です。

 

こちら。

f:id:kousui5724:20210206195431j:plain

 

入ってみると、予想通り、抹茶出してくれる!!

f:id:kousui5724:20210206200407j:plain

 

というわけで、早速いただきます。

 

山本亭は、何部屋かの和室があり、そのうちのいくつかのお部屋で抹茶をいただくことができます。

なお、庭園内は写真はお控えくださいとの注意書きがあったので、和室や庭園の写真はありません。。。

でも、抹茶の写真だけなら良いよね。

 

出てきたのはこちらの抹茶と練り切り。

f:id:kousui5724:20210206201123j:plain

 

こちらの練り切りは『梅』だそうです。

なんとも可愛らしいですね!

 

というわけで、まずはお菓子からおいしくいただきました!

 

 

お抹茶もおいしそうです。

f:id:kousui5724:20210206201613j:plain

 

はい、おいしくいただきました!

 

それなりに苦味があったので、宇治抹茶かなぁ。

 

 

軸が2つのお部屋にかかっていました。

『日日是好日』と『無事是貴人』でした。

 

庭園の外には茶室がありました。

f:id:kousui5724:20210206202250j:plain

 

予約しないと入れないらしい。

f:id:kousui5724:20210206202314j:plain

 

ちょっと覗いた感じ。

f:id:kousui5724:20210206202521j:plain

 

いつか入ってみたい。

なんか、常時入れる茶室ってあんま見ないな。。。

 

 

というわけで、山本亭を満喫して出てきましたーーー

 

ここから出たんですが、こっちが正面なのかな。。。

f:id:kousui5724:20210206203426j:plain

 

 

 

そんなこんなで、今回は『抹茶の日』ということで、山本亭へ抹茶をいただきに行ったお話でした~~~

 

 

【スポンサーリンク】