上げ馬に野次馬

~茶と株と~ 茶道男子始めました。茶人になるまでの軌跡を綴っていこうと思います。お茶、和菓子をはじめとする日本文化の魅力を研究中の30代自称兼業投資家です。

【スポンサーリンク】

ど素人が挑む和菓子作り【木槿】

料理経験値0の僕が和菓子作りに挑戦するシリーズです。

 

今回は、『木槿(むくげ)に挑戦してみようと思います。

 

木槿ってこんなお花。

ja.wikipedia.org

 

花びらの中心部分の斑点みたいな模様が、とても特徴的なお花ですね。

 

それでは『木槿』を作っていきます。

(作っていったものの、花びらの中心部の赤い部分が大きくなってしまい、全く木槿の感じがなくなってしまったので、途中から作り直しています。)

 

1.練りきり【木槿】の作り方

①着色

使うのは、白あん3玉(でかいの1つ、小さいの2つ)と、こしあん1玉です。

f:id:kousui5724:20200808014754j:plain

 

花びらは白色にしたいと思います。

そのため、大きい1玉は着色せず、このままの状態で使います。

小さい2玉をそれぞれ赤色と黄色に着色します。

花びらの中心部分の赤色、しべの部分の黄色にしていきます。

 

まず赤色から。

花びらの中心部分の赤色は、結構はっきりとした濃い赤色なので、濃いめに着色します。

f:id:kousui5724:20200808015029j:plain

f:id:kousui5724:20200808015055j:plain

 

濃いめの赤色になりました。

 

次に、しべの部分の黄色を作ります。

f:id:kousui5724:20200808015212j:plain

 

コネコネして黄色になりました。

f:id:kousui5724:20200808015312j:plain

 

着色はこれにて終了です!!!

 

次は、包あんしていきます。

 

②包あん、形づくり

こしあんを包あんしていきます。

f:id:kousui5724:20200808015457j:plain

 

こんな感じになりました。

f:id:kousui5724:20200808015517j:plain

 

ここに、先ほどの赤色の生地を貼り付けて、生地周辺部をぼかしていきます。

f:id:kousui5724:20200808015914j:plain

 

はい、ここが失敗のもとでした。。。

 

この赤い生地がでかすぎて、木槿の中心部分の斑点のような小さい模様になりませんでした。。。

 

時を戻したい。

 

とりあえず、先に進みます。

 

赤色生地の周辺部を、少し水で濡らした指で引き伸ばしてぼかしていきます。

こんな感じになりました。

f:id:kousui5724:20200808020147j:plain

 

次に、少し押しつぶして平ぺったくします。

 

f:id:kousui5724:20200808020320j:plain

 

平ぺったくなりました。

 

 

 

もう、木槿になる雰囲気がありませんが、気を取り直して先へ進みます。。。

 

 

 

次に、水で湿らせた茶巾を上から覆い被せて、茶杓を使い、中心部分を押してくぼみを作ります。

f:id:kousui5724:20200808020453j:plain

 

こんな感じのくぼみができました。

f:id:kousui5724:20200808020512j:plain

 

ここから、5枚の花びらを作るために、三角棒で5本の線を入れていきます。

 

5本の線なので、線と線の間が72度(360度÷5)にできると、等間隔になるので良いのですが、72度にするのなんて難しいですね。。。

なので目分量です。

(しかも、自然界はすべからく等間隔になってる訳じゃないし!!!)

 

とりあえず、線を1本入れました。

f:id:kousui5724:20200808021859j:plain


どんどん入れていきます。

f:id:kousui5724:20200808021932j:plain

 

5本入れました。

 

次に、花びらのくぼみを作っていきます。

人差し指で5等分した一角を外側へ押し当てます。

こんな感じ。

f:id:kousui5724:20200808022243j:plain

 

ここから、花びらの先端をつまんで、薄い花びらに整えていきます。

f:id:kousui5724:20200808022357j:plain


これを5回繰り返します。

 

こんな感じになりました。

f:id:kousui5724:20200808022456j:plain

 

次に、待ち針を使い、花の中心部からシワを作ります。

f:id:kousui5724:20200808022549j:plain

 

これを5回繰り返します。

f:id:kousui5724:20200808022618j:plain

 

ここから、三角棒で、花びらの先端に少し切れ込みを入れます。

f:id:kousui5724:20200808022723j:plain

 

これを5回繰り返します。

 

こんな感じになりました。

f:id:kousui5724:20200808022754j:plain

 

最後に、しべの部分を作ります。

しべは茶漉し器を使って作ってみます。

f:id:kousui5724:20200808022829j:plain


待ち針で少量取って、中心のくぼみに入れます。

 

こんな感じになりました。

f:id:kousui5724:20200808023014j:plain




ん~~~、むくげ感ゼロですね。

 

 

というわけで、時を戻します。

 

時を戻そう。

 

 

 

赤い生地を貼り付けるところまで、戻りました。

f:id:kousui5724:20200808023142j:plain


赤い生地を小さめにします。

f:id:kousui5724:20200808023236j:plain


こちらはぼかしたところ。

 

これくらいの大きさのが木槿っぽいですね。 

 

次は、くぼみを入れたところ。 

f:id:kousui5724:20200808023328j:plain

 

 

どんどん進んで、こんな感じになりました!!!!

f:id:kousui5724:20200808023426j:plain


 

こっちのが木槿らしさが出てますね!!!

 

 

というわけで、こちらを採用します。

 

 

これにて完成です!!!

 

それでは、お抹茶とともにいただきます。

 

2.完成

f:id:kousui5724:20200808023633j:plain

 

中身はこんな感じ。

f:id:kousui5724:20200808023704j:plain

 

 

3.まとめ

今回は、『木槿』を作ってみました!!!

 

赤色生地の濃さと大きさがポイントですね。

花びらをもっとシワシワにしてもよかったかな。 

なんだか観察力がついてきたような気がする。 

 

今回はここまでです~~

 

それでは~

 

 

 

【スポンサーリンク】