上げ馬に野次馬

~茶と株と~ 茶道男子始めました。茶人になるまでの軌跡を綴っていこうと思います。お茶、和菓子をはじめとする日本文化の魅力を研究中の30代自称兼業投資家です。

【スポンサーリンク】

【株主優待】優待品が届きました! #9468 カドカワ

f:id:kousui5724:20200812111444j:plain

 

カドカワから株主優待品が届きました。

カドカワの株は、かれこれ3年以上持っているので、長期保有者用の優待を受けられます。

カドカワの株主優待内容については、以前紹介させていただきました。

 

www.kousui.info

 

1年以上保有者の優待は、以下の8コースのうちから1つを選択できます。

①書籍3冊

②映像ソフト1点

③ムビチケ前売券2枚 ※3,000円分

④BOOK☆WALKER2枚 ※3,000円分

⑤角川文庫・ラノベ読み放題 ※3か月分

⑥新字源

⑦アニマリウム

⑧クッション

 

3年以上保有者は、上記に加え、以下3コースのうちから1つを追加で選択できます。

A 書籍2冊

B ムビチケ前売券1枚 ※1,500円分

C BOOK☆WALKER1枚 ※1,500円分

 

 

今年は、所定の一覧から、普段買わないだろうなと思うものを中心に、書籍を計5冊注文してみました。

届いた5冊がこちら。

f:id:kousui5724:20200812101534j:plain

 

よく見たら、『知らないと恥をかく世界の大問題10』は、昔買ってました。。。

今は『11』が最新なのですね。

ちょっと損した気分です。

 

優待申込はがきが届いた際、誤って破ってしまい、セロハンテープで一生懸命にくっつけて郵便受けに入れたので、ちゃんと受理されるか心配でしたが、届いてよかったですww

ありがたや~

 

こんな感じでテープでくっつけて出してました。

f:id:kousui5724:20200812104228j:plain

 

 

本の定価はそれぞれどれくらいなんだろうか。。。

 

イラストでわかる 日本の仏さま (文庫)

イラストでわかる 日本の仏さま (文庫)

 

 

売り渡される食の安全 (角川新書)

売り渡される食の安全 (角川新書)

  • 作者:山田 正彦
  • 発売日: 2019/08/10
  • メディア: Kindle版
 

  

  

俺か、俺以外か。 ローランドという生き方【電子特典付】
 

  

ゼロから学ぶプロの技 神技作画 (KITORA)

ゼロから学ぶプロの技 神技作画 (KITORA)

  • 作者:toshi
  • 発売日: 2016/12/22
  • メディア: 単行本
 

 

どれも1000円前後ですね。

 

カドカワは、その年の業績によって変わりますが、年間配当が1株あたり20円だったり30円だったりします。

(最低単元の100株だと、2000円or3000円)

 

これに、優待品の1000円前後の本×5冊で約5000円の価値を考慮すると、インカムゲインは、100株あたり7000円か8000円って感じでしょうか。

 

キャピタルゲインは、僕の取得単価が1,924円で、現在2,300円台を推移しているので、ようやく含み益状態になっております。

(家に帰るまでが遠足であるように、利益確定するまでが株式投資なので、キャピタルゲインはまだ無し、が正しいですね。)

 

直近の業績ですが、コロナウィルスの影響で、アニメ制作や映画上映が打撃をくらったものの、電子書籍系が巣ごもり消費のおかげで伸長しているとのこと。

決算説明資料によると、デジタルトランスフォーメーションが上手く進んでいて、テレワーク率が60~80%でも業務遂行が可能になっているとのこと。

slack等のコミュニケーションツールを駆使し、業務効率化が促進されているらしい。

 

元々、効率化余地が大きい業態だったと思うので、これからコスト圧縮がより進むのかも?

で、今後はテレワーク率をキープし、オフィスを縮小していくらしい。

 

これ、色んな会社から聞きますね。

今後は、オフィス撤退が多くなりそうです。

オフィス用の不動産屋さんは大丈夫だろうか。。。

いずれにしろ、これからは、どこにいても働ける時代が本格的に到来しそうですね。

 

 

とりあえず、カドカワに関しては、株主優待を出し続ける限り、保有していようと思います。

 

 

【スポンサーリンク】