上げ馬に野次馬

~茶と株と~ 茶道男子始めました。茶人になるまでの軌跡を綴っていこうと思います。お茶、和菓子をはじめとする日本文化の魅力を研究中の30代自称兼業投資家です。

【スポンサーリンク】

ど素人が挑む和菓子作り【秋桜】

料理経験値0の僕が和菓子作りに挑戦するシリーズです。

 

今回は、『秋桜に挑戦してみようと思います。

f:id:kousui5724:20201015000010j:plain

 

その前に、『秋桜』ってなんて読むか分かりますか・・?

僕は読めませんでした。

秋に咲く桜なんてあるんかな、とずっと不思議に思ってました。

 

 

これ、「コスモス」って読むんですね!!!

 

 

恥ずかしながら、初めて知りましたww

 

というわけで、『秋桜』を作っていきます!

 

 

1.練りきり【秋桜】の作り方

①着色

使うのは、白あん2玉と、こしあん1玉です。

f:id:kousui5724:20201015001824j:plain

 

さて、着色していきます。

白あん2玉のうち、1玉だけをピンク色にします。

 

食用色素の赤を使います。

小さめに生地を千切って、食用色素の赤色を着色します。

f:id:kousui5724:20201015002146j:plain

 

コネコネしたら、こんな感じの色になりました。

f:id:kousui5724:20201015002202j:plain

 

ここから、残りの白い生地も混ぜ合わせます。

 

こんな感じのピンク色の生地が出来上がりました。

f:id:kousui5724:20201015002246j:plain

 

これにて着色は終了です。

 

②包あん、形づくり

外側は白色で、内側からピンク色が透けて浮かび上がるように仕立てたいと思います。

なので、以下の本に記載の『包みぼかし』をやってみます。

 

鎌倉 手毬の和菓子 四季を映す練りきり

鎌倉 手毬の和菓子 四季を映す練りきり

  • 作者:御園井 裕子
  • 発売日: 2019/02/16
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

ピンク色の球体を白色の生地で半分包あんします。

 

f:id:kousui5724:20201015002612j:plain

 

f:id:kousui5724:20201015002805j:plain

 

ここから平らにします。

 

f:id:kousui5724:20201015003255j:plain

 

めっちゃボケてる。。。

 

ここからこしあんを包あんします。

f:id:kousui5724:20201015003341j:plain

 

こんな感じに包あんできました。

f:id:kousui5724:20201015003414j:plain

 

次は、この球体を押しつぶして平らな面を作ります。

 

f:id:kousui5724:20201015003438j:plain

 

ここから、逆さまの台形(底辺の方が短い台形)になるように形(側面)を整えます。

 

こんな感じになりました。

f:id:kousui5724:20201015003458j:plain

 

ここから、三角棒で花びらを8枚作っていきます。

 

ちなみに、三角棒はこちらのをいつも使っています!!!

 

日本製 三角棒 菊芯付

日本製 三角棒 菊芯付

  • メディア: ホーム&キッチン
 

 

さて、まずは中心に目印を付けます。

 

f:id:kousui5724:20201015003749j:plain

 

この目印めがけて、三角棒で等間隔で8本の線を入れていきます。

 

こんな感じになりました。

f:id:kousui5724:20201015004026j:plain

 

目印つけた意味なしや。。。

 

めっちゃ下手くそですねww

自分でもびっくりです。。。

 

なんでこうなっちゃったかな。

目から練り切りが離れれば離れてるほど線がズレやすいのかな。

 

でもまぁ、中心は花芯を押す予定なので、ズレた部分はもみ消しできるはず。

というわけで、次へ進みます。

 

次は、茶杓の櫂先のカーブした部分を押し付けて、花びらを形作っていきます。

こんな感じに。

f:id:kousui5724:20201015005035j:plain


8枚の花びら全てを形作りました。

f:id:kousui5724:20201015005056j:plain

 

花びらの先端にも小さい切れ込みを入れます。

f:id:kousui5724:20201015005151j:plain

 

次は花芯を押します。

三角棒のこの部分に黄色い生地を載せ、秋桜の中心部分に押し付けます。

f:id:kousui5724:20201015005359j:plain

f:id:kousui5724:20201015005408j:plain

 

中心に押し付けてみました。

f:id:kousui5724:20201015005433j:plain

 

中心部分から待ち針で花びらのシワを入れてみます。

こんな感じになりました。

f:id:kousui5724:20201015005444j:plain

 

これにて完成です!!!

 

 

まぁそれなりの形に仕上がったとは思うのですが、花びらの8本の線が中心に向かってズレたので、もう一つリベンジしてみたいと思います。

 

 

というわけで、リベンジしてみました。

極力、目から距離を離さずに集中して線を入れてみました。

f:id:kousui5724:20201015005750j:plain

 

今回は上手くできました!!!

 

続きは同様の手順で作り上げていきます。

こんな感じになりました。

f:id:kousui5724:20201015005917j:plain

 

こちらもそれなりの出来ですねw

 

2つ並べてみました。

f:id:kousui5724:20201015010007j:plain

 

どちらも同じような出来ですかね。

 

というわけで、これにて完成です!!!

 

それでは、お抹茶とともにいただきます。

 

2.完成

f:id:kousui5724:20201015010050j:plain

 

f:id:kousui5724:20201015010122j:plain

 

中身はこんな感じ。

f:id:kousui5724:20201015010137j:plain

 

おいしくいただきました。

 

3.まとめ

今回は、『秋桜』を作ってみました!!!

 

秋桜は作りやすい部類かなとは思うのですが、量産して上手になりたいです。

 

 

今回はここまでです。

それでは~~~

 

 

 

※使ってる三角棒はこちらです!

日本製 三角棒 菊芯付

日本製 三角棒 菊芯付

  • メディア: ホーム&キッチン
 

 

【スポンサーリンク】