上げ馬に野次馬

~茶と株と~ 茶道男子始めました。茶人になるまでの軌跡を綴っていこうと思います。お茶、和菓子をはじめとする日本文化の魅力を研究中の30代自称兼業投資家です。

【スポンサーリンク】

ど素人が挑む和菓子作り【柿】と【青柿】

料理経験値0の僕が和菓子作りに挑戦するシリーズです。

 

今回は、『柿に挑戦してみようと思います。

 

f:id:kousui5724:20201006010853j:plain

 

昔はよく家で干し柿が干してあったなぁ。

柿っておいしいですよね。

秋って感じです。

 

それでは『柿』を作っていきます!

 

 

1.練りきり【柿】の作り方

①着色

使うのは、白あん2玉(大1玉、小1玉)と、こしあん1玉です。

f:id:kousui5724:20201006012058j:plain

大きい玉を橙色、小さい玉を緑色にします。

緑色はヘタにします。

 

それではまずはお決まりの、小さめの生地に橙色を着色し、そのあと白い生地を混ぜていきます。

f:id:kousui5724:20201006012326j:plain

f:id:kousui5724:20201006012348j:plain

 

コネコネして、こんな感じの橙色に仕上がりました。

f:id:kousui5724:20201006012421j:plain

 

小さい玉は同じやり方で緑色に着色します。

こんな感じになりました。

f:id:kousui5724:20201006012620j:plain

さて、着色はこれにて終了なので、次は、包あんしていきます。

 

②包あん、形づくり

橙色の生地でこしあんを包あんします。

f:id:kousui5724:20201006012658j:plain

 

こんな感じになりました。

f:id:kousui5724:20201006012719j:plain

 

この球体を少し押しつぶします。

f:id:kousui5724:20201006012826j:plain

 

ここから、人差し指の第2関節で、90度ずつ側面の4か所にくぼみを作ります。

 

このあたり。

f:id:kousui5724:20201006013052j:plain

 

こんな感じになりました。

f:id:kousui5724:20201006013113j:plain

 

次に、緑色の玉を平らにします。

f:id:kousui5724:20201006013223j:plain

 

ここから、四方を折りたたんでヘタを作ります。

そして、先ほどの橙色の頂点に載せます。

 

f:id:kousui5724:20201006013612j:plain

 

これで完成といきたいのですが、茶色の生地を作って、茎も作ります。

f:id:kousui5724:20201006013720j:plain

 

これにて完成です!!!

 

 

柿に見えますね!!www

 

 

意外と工程が少なく、あっさりできたので、色を変えて『青柿』も作ってみようと思います。

 

 

2.練りきり【青柿】の作り方 

薄い緑と橙色の生地を作り、俵型にしてくっつけます。

f:id:kousui5724:20201006013953j:plain

 

次に、これを平らにしてから橙色の生地を引き伸ばしてぼかします。

f:id:kousui5724:20201006014052j:plain

 

ここからこしあんを包あんします。

こんな感じになりました。

f:id:kousui5724:20201006014326j:plain

だんだん色づいてきた感じを表現してみました。


ここから先は、先ほどの『柿』と同じ作り方です。 

f:id:kousui5724:20201006014418j:plain

 

というわけで、これにて完成です!!

 

f:id:kousui5724:20201006014451j:plain

 

それでは、お抹茶とともにいただきます。

 

3.完成

f:id:kousui5724:20201006014548j:plain

f:id:kousui5724:20201006014558j:plain

f:id:kousui5724:20201006014619j:plain

 

中身はこんな感じ。

f:id:kousui5724:20201006014634j:plain

 

4.まとめ

今回は、『柿』と『青柿』を作ってみました!!!

 

一気に涼しくなって、体感では秋を感じています。

そろそろ紅葉もしてきて、視覚的にも秋を感じられますでしょうか。

秋の風物詩を観察して、色んな練りきりをまた作っていきたいと思います。

 

 

今回はここまでです。

それでは~~~

【スポンサーリンク】