上げ馬に野次馬

茶道男子始めました。茶人になるまでの軌跡を綴っていこうと思います。

【スポンサーリンク】

茶席のお軸『瀧』を見てたらなんだかうなぎ食べたくなった

先日、お茶のお稽古で掛かってたお軸がこちら。

 

f:id:kousui5724:20210722102817j:plain

 

『瀧』

 

でした!!

 

この掛け軸はとっても有名ですよね。

映画『日日是好日』でも出てきました。

(まだ観てない方は、ぜひ今すぐ鑑賞することをおすすめしますっ!!!) 

 

暑~~い夏のこの時期に定番のお軸です。

このお軸を見て、まず文字から滝を認識し、さらに『瀧』の字の右側部分の、上下に長く伸びている一本線を見て、高いところから流れ落ちるリアルな滝の情景を連想させます。

これにより、気温は高いのだけれども、頭の中では滝の音や水しぶきを間近に感じ、さらには清涼感まで疑似体験させてしまうというもの。

 

まさに、仮想現実であり、バーチャルリアリティの世界ですね!!!

VRですよ。

茶道は500年も昔から、仮想現実空間を体現していたのですね。恐るべし。

 

このように、茶席のお軸は、その季節に応じて情景をありありと想像させて仮想現実世界に浸らせてくれるものや、仏教的な悟りの境地を表した禅語があったりと、とっても多種多様な言葉があるので、お茶のお稽古の楽しみの一つとなっています。

基本的には、その季節限定のお軸が多いのですが、『日日是好日』のように、オールシーズンOKのお軸もあります。

 

 

ちなみに、僕が一番好きなお軸は

『壺中日月長』(こちゅうにちげつながし)

です。

 

出てくるのは11月。

出典は『後漢書』とのこと。

後漢は、25-220年に存在した国。

後漢 - Wikipedia

マンガ『キングダム』で有名な初代統一王朝の秦の滅亡が紀元前206年なので、それから約200年後の世界ですね。

秦の次が、項羽と劉邦で有名な「前漢」、その次に「新」って国が一時期発生し、その後にできたのが「後漢」。

後漢の次は、三国志で有名な「巍・呉・蜀」の時代。

こう見ると争ってばっかだな。。。

 

『後漢書』は中国の歴史書の一つで、各時代を記載した中国の歴史書は、この後漢書を含め24本もあり、『二十四史』と呼ばれています。

基本的には、前王朝を滅ぼした次の王朝の人が書くので、前王朝を滅ぼしたことの正当性を証明するために、「前王朝はこんなにひどかったんだ」、というけちょんけちょんに低評価した記載となるらしい。(と、どっかの本で読んだ気がする。)

なので、二十四史の一番最初の司馬遷が編纂した『史記』に記載された始皇帝の歴史観をこれまでの学校教育で学んできた僕は、始皇帝こそ歴史上一番極悪非道な暴君と習ってきているので、今流行ってるマンガ『キングダム』が違和感ありありで仕方がありません。。。

 

 

話が逸れました。

 

 

後漢書に記載された『壺中日月長』のお話ですが、これはまるで浦島太郎のようなお話なのです。

 

薬売りの老人がいて、彼は夜になると壺の中に入りこんでいきましたと。

それを見たお役人が、自分も入りたいと頼んで壺の中に入ると、そこには宮殿などが立ち並び、極楽のような世界で、ほんの数日接待を受けて壺の外に出てみたら、十数年経ってしまっていましたよ、という話。

 

まさに浦島太郎ですよね。

壺は狭いですが、その中は永遠にのんびりした豊かな時間が流れており、これが転じて悟りの境地を象徴しているのだそう。

見方や心の感じ方を変えることで、壺のような狭い世界も豊かな気持ちになれるんですよ、苦から解放されるのですよ、ということを教えてくれています。

 

時間は一定なのに感じ方が違うというのは、アインシュタインも分かりやすいたとえ話をしてくれてますね。

熱いストーブの上に1分間手を当ててみて下さい、まるで1時間くらいに感じられる。では可愛い女の子と一緒に1時間座っているとどうだろう、まるで1分間ぐらいにしか感じられない。それが相対性です。

(出典:Wikipedia)

アルベルト・アインシュタイン - Wikipedia

 

僕はこの言葉が示してくれている意味が好きというより、物語そのものが面白いなと思い、一番好きなお軸になりました。

お茶の先生に、一番好きなお軸は『壺中日月長』と伝えたら次のように言われました。

 

「あ~、良いよね。時を忘れてお酒飲みたいんでしょ。」

 

飲みすぎてお稽古を遅刻したことが確か1回あったので、それ以来、僕は呑兵衛と思われてるらしい。。。

 

 

 

というわけで、今回は『瀧』のお軸から、お気に入りのお軸のお話でした~

『瀧』は、長い一本線から本物の滝を絵的に連想するのですが、この時期ということもあり、見てるとその一本線がだんだんうなぎに見えてきました。。。

 

だって、土用の丑の日が近いもんな~~

 

 

 

そうだ、うなぎ食べいこう

 

 

 

それでは~~

 

【スポンサーリンク】