上げ馬に野次馬

茶道男子始めました。茶人になるまでの軌跡を綴っていこうと思います。

【スポンサーリンク】

看々臘月尽(みよみよろうげつつく)、いや、僕の場合は残高尽く

f:id:kousui5724:20201205000120j:plain


看々臘月尽(みよみよろうげつつく)

 

12月といえばこの禅語です。

去年、お茶のお稽古で初めて見ました。

 

今週はお稽古ありませんが、来週のお稽古ではこの禅語のお軸が掛かっているかもしれません。

 

「臘月」とは12月のことで、

「良く見なさい、時間はあっという間に過ぎ去ってしまい、今年も残りわずかですよ。」

という意味のようです。

(だから1日1日を大切にしましょう、という意味が込められています。)

 

いやはやなんともそのとおりですな。。。

 

 

 

f:id:kousui5724:20201205000214j:plain

 

というわけで、1日1日を大切にすべく、先日、忙しい中でも日課をこなすぞ!という記事を書きました。

 

www.kousui.info

 

12月に立てた目標、毎日筋トレは続行中です!

筋トレは、毎日以下をやることを目標にしています。

 

・腕立て伏せ 40回×3セット 

・腹筋 50回×3セット

・逆立ち 1分×5セット

 

12月は今日で6日目。

今日も着々とこなしていっています。

もちろん、昨日までも上記3つはちゃんと完了しています!!

とりあえず、3日は超えました!! 三日坊主打破!!!

 

というわけで、目標達成状況については、週単位で振り返っていきたいと思いますが、それはまた別の機会で。 

 

 

 

さて、12月はボーナスが出るタイミングですね。

どれくらいもらえるかは検討がついてます。

 

が、しかし。。。

 

 

自分の場合、全て株の損失補てんになりそうです。。。

 

というのも、6月頃に空売り※した建て玉を、プラスにならないので損切りせずにずーっと放置していたのですが、コロナワクチン期待、バイデン金融緩和期待などの諸々の上昇期待材料を経て、株価は下がることなくマーケットは上がり続けてしまいました。

 

※空売りとは株価が下がった場合に儲かる仕組み。

 

空売りしてた銘柄は、ソフトバンクグループとソニー。

ちなみにこんな感じの株価推移。

 

まず、ソフトバンクグループ。

f:id:kousui5724:20201206091021p:plain

(出典:YAHOOファイナンス)

 

 

つづいてソニー。

f:id:kousui5724:20201206091105p:plain

(出典:YAHOOファイナンス)

 

自分の勘の悪さを呪いたい。

ソフトバンクグループは、投資してる会社がコロナでもろとも傾いたために、その影響を受けて下がるかなと思ってました。

ソニーは、昔のリーマンショックの時、めちゃくちゃ下げ幅が大きく、下げに下げてた記憶があったので、今回もコロナ不況の影響を喰らうものと思ってました。

 

 

はい、全て外れました。

 

6ヶ月期限の信用取引なので、6月頃の建て玉が今月期限を迎えることになり、強制的に決済させられます。

これにより、損失が確定してしまいます。

会社から今月もらうボーナス分の損失だけで済むかどうか。。。

 

 

というわけで、僕の場合、

 

「看々臘月尽」ではなく、

 

 

「看々残高尽」

 

 

なのです。。。

 

 

本当に早期の損切りは大事ですね。

だらだら損切りしないで持ってることはダメですね。

想定ストーリーから逸脱したら、まず損切りです。

なんか違うな、と思ったら損切り。

損切りした後に上がるのはむかつくけどしゃーない。

その後じりじり下がって(または上がって)、さらに損失拡大させる方が良くないのです。

 

 

お茶の世界の『侘び・寂び』は、引き算の美学と言われます。

極限まで無駄を排除していった結果、満ち足りてはいない不足している所に美しさを感じる。

素晴らしい価値観であり美意識と思います。

他人の物を奪って、欲望を拡大させて、拡大、さらに拡大と止まることない戦乱を繰り広げた戦国時代に一大ムーブメントとなった茶道、そこには欲望の最中の時代とはかけ離れた価値観である、「引き算の美学」があったわけですね。

 

「引き算の美学」は、華道でも同じです。

華道家元池坊において、立花、生花、というお花の生け方のルールが定まっている様式がありますが、これは限られたお花の本数、種類で自然を表現しています。

生けられたお花を見て、山や里を想像する、草木の伸びやかな、それでいて逞しい生命力を想像する、というところに重きを置いています。

こちらも足りないところ、「引き算」に美の価値観を置いているわけです。

 

 

でもね、、、

 

残高の引き算は全く美しくないよ。。。

 

美学全く感じませんよ。。

 

 

株だけは足し算こそが美しい。

と思う。

 

 

勉強、勉強、、、

ちゃんと勉強しよ。。。 

 

 

【スポンサーリンク】